言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Please select a language.

COLUMNコラム

製造分野特定技能1号評価試験(素形材産業分野、産業機械製造業分野、電気・電子情報関連産業分野)試験スケジュール ※随時更新

2020.02.13

製造分野特定技能1号評価試験

● 3月21日、22日にフィリピンにて溶接を除く18職種の試験を実施します。
● 受験者の募集を開始しました。(先着順)
● 詳細は上記ページを御確認ください。

製造分野特定技能1号評価試験実施要領(PDF形式:304KB)

試験内容に関する詳細はこちら
 
試験日
2020年3月21、22日
試験場所
フィリピン(マニラ)
試験区分
溶接以外
実施方式
CBT
定員
20名
言語
英語またはタガログ語
申込期間
2020年2月12〜28日

本試験の目的
特定技能外国人は、従事しようとする業務に必要な相当程度の知識又は経験を必要とする技能を有していることが求められており、
本試験は素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業の各分野における技能の水準を評価する試験です。
特定産業分野と従事する業務は、次の通りであり、本試験はこれら19試験の各区分について実施されます。
 
特定産業分野 分野別所管官庁 従事する業務
素形材産業 経済産業省 鋳造 金属プレス加工 仕上げ 溶接
鋳造 工場板金 機械検査 ダイカスト
めっき 機械保全 機械加工 塗装
アルミニウム陽極酸化処理    
産業機械製造業 鋳造 塗装 仕上げ 電気機器組立て
溶接 鋳造 鉄工 機械検査
プリント配線板 製造 工業包装 ダイカスト
工場板金 機械保全 プラスチック成形 機械加工
めっき 電子機器組立て 金属プレス加工  
電気・電子
情報関連産業
機械加工 仕上げ プリント配線板製造 工業包装
金属プレス加工 機械保全 プラスチック成形 工場板金
電子機器組立て 塗装 めっき 電気機器組立て
溶接      

試験の概要
特定産業
分野
主に現地語を予定
実施方法
学科試験、実技試験
実施方式
コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式、ペーパーテスト方式又は製作等作業試験方式
試験区分
19試験区分(鋳造、鍛造、ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、工場板金、めっき、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、機械検査、機械保全、電子機器組立て、電気機器組立て、プリント配線板製造、プラスチック成形、塗装、溶接、工業包装)
試験結果の通知
試験後、Eメールで結果通知書を送付
合格基準
学科試験:65%以上
実技試験:
・製作等作業試験方式を採用する試験区分:判定方法は各々の試験区分により設定
(溶接:手溶接作業はJIS Z 3801、半自動溶接作業はJIS Z 3841に基づいて判定)
・上記以外の試験区分:60%以上

試験実施機関の概要
名称
公益社団法人国際人材革新機構
住所
東京都台東区蔵前1丁目4番1号ザ・パークレックス蔵前6F
電話
03-5829-6311
代表者
樋口 公人

◆ 詳細はこちら(経済産業省) >外部リンク