言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Mangyaring pumili ng isang wika.

NEWSニュース

絞り込み
35件中1~20件を表示
教育方針

2019.4.3

送り出し機関

教育方針

1:会話力                                                   教科書に沿って発音や文法などを学ぶことに加え、グループを組んで会話の勉強を行ないます。また、授業以外の時間にも積極的に話す相手を探して日本語で会話をするよう徹底しています。 2:現場力                                                    始業・終業時は日本式の挨拶で。基本的な日本語のほか、業種ごとのルールやマナー、日本式の生活習慣、安全・衛生概念なども学び、早い段階で仕事や暮らしに慣れる教育を行ないます。 3:体力                                                   ベトナムと異なる日本の気候や異常気象に対応できるように、かつ自身で健康管理ができるように勉強だけでなく体力の向上にも努めています。訓練センターで運動会を開催することもあります。

ベトナム人材株式会社

企業からよくある質問

2019.3.26

送り出し機関

企業からよくある質問

Q:技能実習生受入れを申し込んでから、入国までの期間はどのくらい? A:技能実習生の申し込み後、母国の送り出し機関によって技能実習生の募集を行います。 受入れ人数の約3倍以上の候補者を選定し、面接を行います(もちろん私たちと一緒に、受け入れ企業様も一緒に現地に同行頂き、面接を行うことも可能です)。 その後選定して頂いた技能実習生は約3ヶ月間、日本語の講習を行います。 この間、日本側では国際研修協力機構(JITCO)の在留資格認定申請書類の事前審査を経てから、入国管理局に申請を行います。 ここで許可された者が送り出し国の領事館でビザを取得し、入国致します。受入れを申し込んでから入国までの期間として約4か月程になります。                      Q:申請に必要な書類はありますか? A:受入れ企業様が準備するものや母国の送出機関で準備するものがありますが、当組合が一括で書類の作成を行います。 Q:手続き・書類が多く煩雑では? A:たしかに提出する書類は多いです。 しかしその書類のほとんどは受け入れ企業様のお手を煩わせることなく、当組合が作成をサポートいたします。 Q:在留資格認定証明書とは何ですか? A:技能実習生のビザ取得前に日本の入国管理局で来日の条件として相応しいことを証明するものです。 Q:外国人技能実習生を受け入れた場合、何年間実習させることができますか? A:技能実習2号に移行すると3年間受け入れることが出来ます。 また、1年の技能実習修了後、技能実習2号に移行すると同時に、新たに技能実習生を受け入れる事ができます。 毎年3人受け入れた場合には3年目には9人の実習生を受け入れることが出来ます。 また、先輩の技能実習生が新人の技能実習生に教育、指導が出来るようになりますので、うまく仕事のローテーションが組めるようになります。 Q:技能実習生の日本語レベルは? A:日本語検定4級程度以上の者が入国してきます。 入国前に3ヶ月間の日本語講習、日本の文化や教育を行い、日本語検定4級程度以上の者が入国してきます。 受入れ企業様からのご要望により、実習時に使う専門用語も学ばせることが出来ます。 さらに入国後1ヶ月間日本語学校に通い、日本の文化、教育を行い、はれて受入れ企業様の実習場所へ配属となります。当然、技能実習生ですから即戦力の日本語能力という訳には行きませんが、高い倍率の中から面接、選抜している為、日本の技術を修得しようという意欲が高いのも特徴です。 Q:技能実習生の日本での住居は? A:受け入れ企業様には、外国人技能実習生の生活に必要な居住場所(寮など)をご用意して頂いております。 居住スペースですが、1人当たり3畳程度以上の広さが必要となります。 最初のみ、寝具・冷暖房器具・自炊設備・その他日常生活に必要な備品をご準備ください。 Q:賃金について教えてください。 A:外国人技能実習生は労働関係法令上の「労働者」となり、最低賃金の適用対象となります。 Q:技能実習生が病気になったら? A:弊組合の全実習生が加入している実習生総合保険をお使いください。 実習生が病気になった場合、一旦、御社又は実習生で治療に要した費用を立て替えていただきます。 この立替分は、実習生総合保険によって全額返還されます。 技能実習生の病気等については、社会保険が適用されますので、一旦本人が本人負担分3割を支払い、後に技能実習生総合保険によって本人負担分が補填されます。 なお、めんどうな請求手続きなどは基本的に幣組合が行わせていただきます。 Q:どのような職種から受入れできますか? A:技能実習2号移行対象職種全て、および技能実習の要件を満たした職種での受入れに対応いたします。 詳しくは【受入れ可能職種一覧】をご参照ください。 Q:技能実習生を社会保険に加入させることは必要ですか? A:技能実習生と企業の間では雇用契約を締結することから、労働基準法が適用され、社会保険(健康保険・厚生年金)、労働保険(雇用保険・労災保険)に加入させる必要があります。 Q:受入れてよかったと事は何ですか? A:研修生や技能実習生は、若くて向上心高い人が多く、企業内でも元気に活動しています。また、技能実習期間は3年間と決まっている為、最後まで就業します。 Q:どんなことが不正になりますか? A:技能実習生は入管法上の在留資格は「技能実習生」となります。 また。労働基準法では「労働者」として扱われます。 入管法や労働基準法に違反した場合は全て不正となります。不正認定された場合は、実習生の即時帰国や受け入れ停止などの厳しい措置がとられます。 Q:賃金について教えてください。 A:地域別の最低賃金は以下をご確認下さい。 →地域別最低賃金一覧表(PDF) 

ベトナム人材株式会社

特定技能外国人受入れに関する運用要領

2019.3.26

送り出し機関

特定技能外国人受入れに関する運用要領

特定技能外国人受入れに関する運用要領 要領本体 特定技能外国人の受入れに関する運用要領【PDF】 支援に係る要領別冊 1号特定技能外国人支援に関する運用要領【PDF】 特定の分野に係る要領別冊  (介護分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第1-1号 介護分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第1-2号 介護分野における業務を行わせる事業所の概要書【PDF】 【WORD】                                                                            (ビルクリーニング分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第2-1号 ビルクリーニング分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書【PDF】 【WORD】 (素形材産業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第3-1号 素形材産業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書【PDF】 【WORD】 (産業機械製造業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第4-1号 産業機械製造業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書【PDF】 【WORD】 (電気・電子情報関連産業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第5-1号 電気・電子情報関連産業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書【PDF】 【WORD】 (建設分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第6-1号 建設分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第6-2号 1号特定技能外国人受入報告書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第6-3号 1号特定技能外国人退職報告書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第6-4号 1号特定技能外国人帰国報告書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第6-5号 建設特定技能継続不可事由発生報告書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第6-6号 建設特定技能受入計画変更申請書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第6-7号 建設特定技能受入計画変更届出書【PDF】 【WORD】 (造船・舶用工業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第7-1号 造船・舶用工業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】 【WORD】 分野参考様式第7-2号 造船・舶用工業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】 【WORD】 (自動車整備分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第8-1号 自動車整備分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】【WORD】 分野参考様式第8-2号 自動車整備分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】【WORD】 分野参考様式第8-3号 自動車整備実務経験証明書【PDF】 【WORD】 (航空分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第9-1号 航空分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】【WORD】 分野参考様式第9-2号 航空分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】【WORD】 (宿泊分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第10-1号 宿泊分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】【WORD】 分野参考様式第10-2号 宿泊分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】【WORD】 (農業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第11-1号 農業分野において直接雇用形態で特定技能外国人の受入れを行う特定技能所属機関に係る誓約書【PDF】【WORD】 分野参考様式第11-2号 派遣先事業者誓約書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第11-3号 農業分野において派遣形態で特定技能外国人の受入れを行う特定技能所属機関に係る誓約書【PDF】 【WORD】 分野参考様式第11-4号 登録支援機関誓約書【PDF】【WORD】 (漁業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第12-1号 漁業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】【WORD】 分野参考様式第12-2号 漁業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】 【WORD】 (飲食料品製造業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第13-1号 飲食料品製造業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】 【WORD】 分野参考様式第13-2号 飲食料品製造分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】 【WORD】 (外食業分野) 本文・別表【PDF】 分野参考様式第14-1号 外食業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)【PDF】【WORD】 分野参考様式第14-2号 外食分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)【PDF】 【WORD】 省令様式 別記第6号の3様式 申請書(在留資格認定証明書交付申請書)【PDF】 【EXCEL】 別記第30号様式 申請書(在留資格変更許可申請書)【PDF】 【EXCEL】 別記第30号の2様式 申請書(在留期間更新許可申請書)【PDF】 【EXCEL】 別記第29号の15様式 登録支援機関登録(更新)申請書【PDF】 【WORD】 別記第29号の16様式 登録事項変更に関する届出書【PDF】 【EXCEL】 別記第83号の2様式 手数料納付書【PDF】 【WORD】 参考様式 参考様式第1-1号 特定技能外国人の履歴書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-2号 技能実習生に関する評価調書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】  参考様式第1-3号 健康診断個人票【PDF】 【WORD】 参考様式第1-4号 特定技能外国人の報酬に関する説明書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-5号 特定技能雇用契約書【PDF】 【WORD】 参考様式第1-6号 雇用条件書(別紙「賃金の支払」を含む。)【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-7号 事前ガイダンスの確認書【PDF】 【WORD】 参考様式第1-8号 支払費用の同意書及び明細書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-9号 徴収費用の説明書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-10号 技能移転に係る申告書【PDF】 【WORD】 参考様式第1-11号 特定技能所属機関概要書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-12号 派遣計画書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-13号 就業条件明示書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】 参考様式第1-14号 派遣先の概要書(農業分野)【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-15号 派遣先の概要書(漁業分野)【PDF】 【WORD】 参考様式第1-16号 雇用の経緯に係る説明書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-17号 1号特定技能外国人支援計画書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-18号 支援委託契約書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-19号 支援責任者の就任承諾書及び誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第1-20号 支援責任者の履歴書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-21号 支援担当者の就任承諾書及び誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第1-22号 支援担当者の履歴書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第1-23号 特定技能所属機関の役員に関する誓約書【PDF】 【WORD】  参考様式第1-24号 通算在留期間に係る誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第2-1号 登録支援機関誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第2-2号 登録支援機関概要書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第2-3号 支援責任者の就任承諾書及び誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第2-4号 支援責任者の履歴書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第2-5号 支援担当者の就任承諾書及び誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第2-6号 支援担当者の履歴書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第2-7号 登録支援機関の役員に関する誓約書【PDF】 【WORD】 参考様式第3-1号 特定技能雇用契約に係る届出書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】 参考様式第3-1号 特定技能雇用契約に係る届出書(別紙)【PDF】 【EXCEL】 参考様式第3-2号 支援計画変更に係る届出書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】 参考様式第3-2号 支援計画変更に係る届出書(別紙)【PDF】 【EXCEL】 参考様式第3-3号 支援委託契約に係る届出書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】 参考様式第3-3号 支援委託契約に係る届出書(別紙)【PDF】 【EXCEL】 参考様式第3-4号 受入れ困難に係る届出書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】 参考様式第3-4号 受入れ困難に係る届出書(別紙)【PDF】 【EXCEL】 参考様式第3-5号 出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しく不当な行為(不正行為)に係る届出書【PDF】【EXCEL】 【記載例】 参考様式第3-5号 出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しく不当な行為(不正行為)に係る届出書(別紙)【PDF】 【EXCEL】 参考様式第3-6号 受入れ状況に係る届出書【PDF】 【WORD】 参考様式第3-7号 支援実施状況に係る届出書【PDF】 【WORD】 参考様式第3-7号(別紙) 1号特定技能外国人支援対象者名簿【PDF】 【WORD】 参考様式第3-8号 活動状況に係る届出書【PDF】 【WORD】 参考様式第4-1号 支援業務の休止又は廃止に係る届出書【PDF】 【EXCEL】 参考様式第4-2号 支援業務の再開に係る届出書【PDF】 【EXCEL】 【記載例】 参考様式第4-3号 支援実施状況に係る届出書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第4-3号(別紙) 1号特定技能外国人支援対象者名簿【PDF】 【WORD】 参考様式第4-4号 登録事項変更届出書(別記第29号の16様式別紙)【PDF】 【EXCEL】 参考様式第5-1号 改善報告書(法第19条の19)【PDF】 【WORD】 参考様式第5-2号 改善報告書(法第19条の21)【PDF】 【WORD】 参考様式第5-3号 改善報告書(法第19条の31)【PDF】 【WORD】 参考様式第5-4号 相談記録書【PDF】 【WORD】 【記載例】 参考様式第5-5号 定期面談報告書(1号特定技能外国人用)【PDF】 【WORD】 参考様式第5-6号 定期面談報告書(監督者用)【PDF】 【WORD】 参考様式第5-7号 報酬支払証明書【PDF】 【WORD】 参考様式第5-8号 生活オリエンテーションの確認書【PDF】 【WORD】 英語及び9か国語による様式について 申請人ご本人に特にご理解いただいた上で署名していただくべきものなどについて,英訳及び9か国語に翻訳した様式を掲載しています。 英語 【PDF】 【WORD】 ベトナム語 【PDF】 【WORD】 タガログ語 【PDF】 【WORD】 インドネシア語 【PDF】 

ベトナム人材株式会社

ベトナム 外国人技能実習生・特定技能での自動車整備士に関する情報

2019.3.15

送り出し機関

ベトナム 外国人技能実習生・特定技能での自動車整備士に関する情報

弊社では外国人技能実習や今後、開始する特定技能の職種に含まれる自動車整備の分野においても専門の教育を行い、事前に研修後、日本へ入国するような教育体制を整えております。 現在、整備研修風景などを撮影しており、来月には教育現場などを動画で閲覧出来るように準備しております。 この専門学校では現在1000名学んでおり、弊社から優秀な人材をご紹介出来ますので監理組合、登録支援機関、受入れ希望の企業様で雇用に関してご興味がございましたらお気軽にご相談ください。  

ハノイ教育.技術開発株式会社

最近日本の労働輸出は良い環境で働け

2019.3.11

送り出し機関

最近日本の労働輸出は良い環境で働け

最近日本の労働輸出は良い環境で働けて、収入も高くて、キャリアアップチャンスが多いですから、労働者が関心し、選定することが増えています。現在日本の労働輸出に参加する人数が速く増えて、台湾の労働輸出だけの下です。    日本の企業は投資推し進めることと、ベトナム労働者を雇用することが増えていますが、日本の労働輸出の選考試験に合格するため、労働者は厳しい選考試験に受けなければなりません。また、日本に入国するため、労働者は費用財政を準備しなければならなくて、日本語も4ヶ月で学習しないといけないです。    日本の労働輸出は技能実習生を選考する時、普段技能実習生を1人受け入れたら、日本の企業はベトナム相手を技能実習生の2-4人依頼します。もしその仕事の選考試験に申し込む人数が多ければ、選考試験の選考率も高くなります。ということは: - お金持ちでも、技能実習生として、日本に行けることではない。 - 選考試験に合格したら、日本に行けることが早くなる。 - 早く教育センターに申し込んだら、合格率が高い。 - 早く教育センターに申し込んだら、チャンスが多い。     日本企業が技能実習生の面接   日本の労働輸出に参加するため、必要の知識:  労働者の見方、選考方は日本の企業によって、違います。また仕事の内容によって、選考基準も違います。しかし、日本の企業は労働者を選考するポイントは: + 作風、体格、態度  労働者を受け入れるかどうかはこのポイントが一番大切です。雇用主は労働者の作風、体格と行為の通りに判断します。面接する時、労働者はどんな人か正確にわからなくて、逆に労働者は自分の志望も完全に伝えません。 + 日本語が得意  雇用主は日本語が得意な実習生に興味があります。実習生が本当に日本で働きたいのか、日本語の学習方と受け取り方に通って、判断します。そんなことはなぜか初めて会っても実習生を選考されませんが、後で雇用主から信じされる。 + 格好 格好は仕事に合って、格好がいい、ちょうど良ければ、職業にほとんど受けるチャンスが多いです。以外はまた格別あって、例えば: 体が強い人は大変で、力強くて、建設の足場と型枠の職種に合います。 てきばりで、器用な人は食品、電子、手紙、包装、印刷等の作製工場の職種に合います。 + 学歴と資格  学歴と資格は大切にする企業が多いです。学歴と資格は職業に関係なくても、選考試験に出る実習生は専門と大学等しか選考しません。雇用主はその人間が日本語の学習が良くて、日本の文化に慣れやすくて、作業効率が高いと思っています。    逆にある企業は資格を持っている労働者が雇用位置に不適合と思っています。例えば農業と建設の職業。その人間は上司のことを聞かなくて、仕事に集中力が低いと思っています。   決定権は労働者次第に    最も速く日系企業に契約するため、労働者は自分の能力、所長を自己評価のが必要です。それから、自分のことに合う職業で、企業の雇用要件に合って、応募します。全部の基準は練習ができるし、学習もできます。自分のことを自分が変わったら、労働輸出プログラムに合格しやすくなります。  労働者は労働輸出に参加するため、全員が企業と直接に面接しなければなりません。それで、大勢の労働者は面接する時、緊張して、褪せます。さらに、いる労働者は緊張で何も言えなかったです。落ち着いて、緊張しないで、自信持って、面接すれば、合格率が高くなります。

ベトナム人材株式会社

金属塗料

2019.3.6

送り出し機関

金属塗料

ベトナム一位1の評判の良い金属塗装労働者のプロバイダー   機械工業 - 重工業に属する、仕事は有毒であるので金属ペンキはインターンシップのための日本の工場の要件を満たしながら、ベトナム人労働者のほとんど注目を受けていない注文です この仕事は非常に厳格で、ベトナムの企業を派遣するために金属塗装作業員を採用することは困難です。 深刻な労働力がない場合、ほとんどの企業は質の低い労働者を無視し、研修生の現実がそれほど一般的にできないような洗練されたトリックの下で企業を欺いて自信を失います。 ベトナム人材会社の日本企業。   共同開発における最も重要な要素として威信を考えると、ベトナム人材株式会社の指導者たちは、熟練した金属塗装労働者をプログラムに登録させるための最善の解決策を見つけました。日本の研修生を派遣します。ベトナムの労働市場を調査すると、金属塗装の仕事の給料は高くないが、安定しており、労働者の生活を良好にしているため、これらの労働者の大部分は自ら需要を生み出していない。労働輸出   そのため、工場で質の高い人的資源を得るために、ベトナム人材株式会社は積極的にこのグループの労働者に働きかけ、ニーズを創造し、仕事をするときに仕事と生活のためによりよい方向に向けるようにします。日本で働いています。社員が自分たちの将来を信頼してベトナム人材株式会社に引き渡すための決定的なポイントは、ベトナムで活動している日本のパートナー企業に帰国した後、研修生に仕事を紹介することです。基本給は1000万ドン以上で、他のほとんどの派遣会社では不可能なことです。   Nguyen Duc Thanh氏は、2017年2月から帰国した愛知県の工場で同社のメタリック塗装インターンとして紹介され、現在はSeikico Precision Mechanical Companyで働いています。ハノイのTu Liemで、1200万ドンの開始給与。彼は、次のように述べています。「これまでの日本のインターンシッププログラムへの参加の決定からの旅を振り返って、私はまだ夢を見ているようです。私の家族の生活はずっと良く変わりました。私と私の家族にこの貴重な機会を与えてくれてありがとうベトナム人材株式会社。」     しかし、熟練労働者全員が日本の工場に派遣されて働くわけではありません。 候補者のファイルを受け取ってすぐに、ベトナム人材株式会社は次のようなメッセージを出しました。「あなたは良い環境で働きたいと思っています。収入はベトナムより3〜4倍高くなっています。お願いします。 自分にふさわしいと思う。 基本的なコミュニケーションレベルに達していない研修生を工場に派遣したことは一度もありません。 ベトナム人材株式会社は、その一位の評判を確認しました。

ベトナム人材株式会社

介護

2019.3.4

送り出し機関

介護

ベトナム人材株式会社はどのようにしてインターンシップインターンシップを受ける工場のすべての心配を飛ばしますか。   ベトナムの医療従事者を受け入れる際の企業の最大の心配事の1つは、研修生が仕事の性質を本当に理解し理解しているかどうか、彼らがすぐに習得して統合するかどうかです。 先住民族の労働者と仕事をする? 工場のこの懸念を理解して、ベトナム人材株式会社は国を去る前に日本の労働環境に似た状況で訓練生の知識と技能を訓練することに焦点を合わせます。   ベトナムでは、介護は全国、主に都市ではそれほど一般的ではありません。 北部地域の施設の質を調査し評価することによって、ベトナム人材株式会社は派遣前に研修生のための知識と技能を訓練することで大学や病院と協力することを決心しました。 日本で働く会社の職業訓練センターで知識を学ぶことに加えて、医療インターンは直接訪問し、経験を学び、3  -  5の期間で高齢者の世話をするテクニックを実践することができるでしょう。 大学のトップエキスパートとの日々。   授業中 学生は高齢者介護技術の総合的な知識の訓練に焦点を当てています。   企業は、言葉の壁が労働への日本の労働適応を遅らせることを心配していますか? この問題を解決するために、国内からの専門的な語学研修に焦点を当てることに加えて、当社が3営業日から5営業日の間にサポートを受ける通訳を任命する方針があります。1〜3人の従業員、企業が4〜10人の従業員を受け入れる場合は1週間のサポート、企業が10人を超える従業員を受け取る場合は契約期間の終了までサポートを継続できます。 これは、企業がベトナム人材株式会社でしか見ることができない他の派閥会社と比較して、より高度な政策の1つです。   企業は、訓練生が脱出するつもりであるか、労働契約を破るつもりであるかどうかを恐れますか?   ベトナム人材株式会社は受講生のために受講生のためのイデオロギーを教育する先駆者です。 労働契約を破って違法に国外に出た場合、給付金の喪失と彼らが直面する法的問題。 去る前に、すべての訓練生は署名された労働契約による彼らの義務と責任を思い出すために宣誓をしなければなりません。 どの会社にもない特別なことは、私たちが健康で誠実な市民精神を教育し、すべての人の良心の法廷を喚起することです。     私たちは、訓練を受けた研修生がほとんどいないことを誇りに思っており、92%の企業が、労働契約を終えた後または工場を拡張した後にベトナム人材株式会社の労働を受けるために戻ってきました。  

ベトナム人材株式会社

ビルクリニング

2019.3.4

送り出し機関

ビルクリニング

建物衛生インターンを提供することを約束しました。   日本に派遣されたベトナムの建物の衛生研修生のほとんどは、日本の建物の掃除は単に機械と技術を管理することであり、派遣会社は掘削せずに言語を教えることに集中するだけであると考えています。 労働力が企業の仕事需要を満たすことができないような専門的知識の創造。   また、労働のコミュニケーション能力が非常に低いため、企業が最初からやり直すことは非常に困難です。 工場の最大の関心事を把握し理解したベトナム人材株式会社は、ベトナムの5つ星の標準的な日本の顧客であるハノイのサクラの顧客と積極的に協力しています。 ベトナムに来るとき。   研修生は1ヶ月間実生活で訓練され、宿泊費と生活費は完全に会社から提供されます。 ここでは、研修生は日本人の教師によって個人的に訓練され、建物の清掃プロセスを指導するためにトレーナーによって直接管理されています。   研修生は顧客で勉強することができます。   彼らは優秀な専門家ではありませんが、私たちの労働者は間違いなくベトナムの指名された研修生の中で最高の熟練した実習生です。 最高水準の労働力を育成するために、ベトナム人材株式会社職員は定期的に基礎的な日本語と専門的な日本語を練習することを自習した研修生に奨励し奨励しています。             私たちは、生徒がコミュニケーション能力を向上させるために、日本の先生と一緒に多くの課外活動に参加することを促進します。 ベトナム人材株式会社の研修生の80%が4ヶ月の研修を終えた後に日本語のN4以上のレベルに到達するので、彼らはすぐに日本の生活環境に適応し、統合します。 日本の大手顧客マネージャーである森岡佳丸氏は、次のように述べています。「11月には、13名のベトナム人研修生を受け入れました。しかし、基本的な指示の後すぐに仕事を始めることができる、熟練していて建物の清掃が好きなベトナム医学生は5人しかいません。他社の研修生とは、完全に再訓練しなければならず、非常に時間がかかり、仕事の質に影響を与えます。」 彼はまた、労働の質に加えて、ベトナムの研修生のしつけと深刻さを最も気にかけていました。 そして、彼はベトナム人材株式会社の労働を十分に信じています。なぜなら、会社は労働からの脱出のリスクを防ぐための効果的な対策を持っているからです。  

ベトナム人材株式会社

レストラン

2019.3.4

送り出し機関

レストラン

日本の企業のための人材育成プログラムの中にあります。    - 多くのベトナム人学生が日本で働くという夢をかなえるのを手伝ってください。  - 同時に、日本の企業が「外国人要員の採用」の問題を解決するのを支援する。   1.プログラムの特徴 ワークスキルトレーニング: 学生の育成を目的としたトレーニングプログラム:  - 職場での日本語能力  - 自主的なスキル、目標の作成、職場での自分のモチベーション。  - 日本食レストランの本当の職場環境を体験してください。 日本で長く働きます。 企業は研修プロセスに参加し、採用直後に適切な研修生を直接採用します。したがって、日本のレストランでのインターンシップのプロセスは非常に重要であり、研修生の仕事を続ける能力を決定します。 同時に、当社は日本の飲食店のコンサルティングと紹介を行い、定期的に研修生が学び、応募することを選択するのに適した仕事を紹介します。 コスト削減と最短時間 有給インターンシップ - 経費削減:「インターンシップ」は研修プログラムで重要な年であるだけでなく、ベトナム人研修生が全額を支払うことができるように収入を稼ぐのにも役立ちます。技術的な研修生のプログラムの間に生活活動ともっと稼ぐこと。 技術インターンシッププログラムに参加する際に日本語が上手である必要はありません。 プログラムに参加すると、生徒は以下のようになります。  - 課外活動に参加するためのエキサイティングで不可欠なレッスンで学校で日本語を学びます。                                                  刺激的なレッスンの時間                                                                  課外活動 3.スケジュール、実践場所、および仕事の説明。 労働時間:  -  1日8時間   練習する場所: 全国のレストランで   仕事の説明: - キッチン - 接客 - ホール 4. 検討のための選択と手順のための要求 リクエスト (1)高校卒業 (2)最低限の日本語能力N4 (3)敏捷性、思考、問題解決のスキル。 (4)外国語を学び、日本語を愛する能力 入学手続き ラウンド1:プロフィールを選択する  - 科目:プログラムを申請した申請者  - 目的:履歴書を介して候補者の適合性を評価する ラウンド2:技術研修生を受け入れている企業へのインタビュー  

ベトナム人材株式会社

ベトナム人材株式会社のセンターで教育プログラム

2019.2.26

送り出し機関

ベトナム人材株式会社のセンターで教育プログラム

合格後の実習生方はベトナム人材株式会社の専門学校センターで教育コースに参加され。ここで 実習生は日本語学習以外、その他の発動にも参加できるし。全ての目的によって最も適格な人材を育成するための物ということです。 体力教育  身体活動は重要な訓練プログラムです、実習生の総合的な教育目標の達成に貢献し。実習生の体力教育の重要性の認識していることはベトナム人材株式会社いつも実習生に体力を教育していますと期待するのは日本の仕事にとって実習生方は健康や気分がよくあり。 ベトナム人材株式会社の教育センターでは実習生に独体の健康を練習したり。会社また、目的のために遊び場を創設するもの。実習生のは勇気を持って育まれ、他者に対する寛容や意志を鍛え、決心することも。忍耐力的。辛抱強くと集団精神です。   実習生方は健康のため毎日運動すること。   実習生は体格教育の始めに体を温め始動しています。   会社がよくセミナー再開させて体力を高める以外で実習生に楽しい時間課外活動があります。     会社の運動会 日本語教育 環境に素早く統合することができるように、日本で働く時の新しい人生のは日本語の財団は要素がよいです。日本語学習の重要性を理解することはベトナム人材株式会社が教室の設備に投資されているのは教師方と教育課程も教育の質を向上させる事です。 ベトナム人材開株式会社の日本語教育の品質は出力品質についていつも常にコミットメントしています。4、5ヶ月教育後、全実習生は日本語のレベルN5を持って、 6ヶ月になってからN4を持っています。 その隣に、だいたい教師は日本人が日本の教育方法を運用していて実習生が深く学ぶのに役に 立ちます。最も効果的です。   特別な状況により余分なコースがあり、授業を学びやすくなります。と早いです。       センターでは研究生が自習グループを編成する事を常に奨励しています。       研修センターの日本語教師は、独自の日本語教育と教育プログラムを再開しました。 学生に日本語の質を向上させる。   巧拙トレニンーグ 巧拙は一番必要な要旨になって、日本へ仕事をしに来る時実習生が直ぐに仕事に追いつくをお役に立つという事です。熟練を持っている実習生を訓練して.現在技術に接近することが出来るし、大労働組合における技術のは  ベトナム人材株式会社がやっています。 現在ベトナム人材株式会社はハノイに教育センターが。5か所あり。1か所は試験する前に教育するし。4か所は合格後教育します。ベトナム人材株式会社の職業教育センターは担当チーム、経験豊富な教師、専門技巧や施設や現代設備。日本の基準は多くの産業に役立つ。 木工、機械、建設、金属溶接、農業、食品製造,…実習生が熟練した方法で訓練されている場所になります。と専業。 いくつか写真研修センターの職業訓練   溶接   縫製   防護服を着用するガイド   文化訓練、日本人の働く物腰 日本の労働組合にとって文化的要因、儀式はいつも特別な関心事です。それから、 日本語のトレーニング以外、巧拙のスキルと実習生に体格の教育、ベトナム人材株式会社は常に道徳的な 訓練に専念すると儀式、日本に来る時を日常生活における愛想の方です。実習生は最も迅速に 日本人生に統合することが出来ます。ここの人間と文化です。   日本の物腰についてレッスンのは日本語の授業や課外活動などのように組み込まれています   挨拶の練習     ソフトスキルクラス。日本で働く物腰

ベトナム人材株式会社

協同組合は何ですか?

2019.2.22

送り出し機関

協同組合は何ですか?

協同組合は何ですか?   協同組合は何ですか?技能実習生として日本に行くため、必要な知識   実習生は技能実習生のプログラムに参加する前に、申し込んでから、採用者と相談する時に、必ず協同組合について説明しましたが、詳しくまでわからないので、協同組合は何ですかとの質問がよく出てきます。それで、私たちは協同組合について、解析して、また日本での技能実習生に関して、協同組合の責任を調べましょう。   1. 日本の協同組合は何ですか? Wikipediaより:“ 協同組合は貿易、職業、専門に関係ある団体、機構。また同業者の労働活動を含みます。 それで、簡単にいうと、協同組合は日本での技能実習生の労働権利を代表する機構です。 協同組合(あるいは団体組合)は労働者と日本の労働省が成立する機構です。         日本では各企業、各会社が小さいでも大きいでも協同組合に付き合っています。その機構は日本企業が外国の技能実習生を雇用する時の役割が大切です。  ということは個人また企業が外国の技能実習生を雇用したければ、協同組合に通らないといけないです。日本の企業が外国の技能実習生を雇用する時、地方協同組合を依頼して、その協同組合に付き合ってから、雇用します。  そのため、協同組合は日本に労働輸出に対して、なければならないものです。日本に労働輸出は日本の協同組合が派遣会社として、日本の企業に労働者を雇用します。 2. 技能実習生に協同組合の役割       連絡して、技能実習生を雇用する    技能実習生を雇用したい日本の企業は地方の協同組合に連絡して、その協同組合に通って、雇用します。協同組合と企業は相談して、必要な条件を決まって、ベトナムの派遣会社に連絡します。 技能実習生は企業に行って、働けるため、全員が協同組合に通らなければなりません。 ベトナムの企業の社員は労働者として、来日したら、技能実習生と呼ばないで、協同組合に通らなくても良いです。 ・ 労働者の権利を守る  協同組合の主役割は労働者の権利を守ることです。協同組合は毎月技能実習生に会って、企業について、技能実習生の意見を受けます。もし問題があったら、協同組合が問題解決するように、2面と相談します。協同組合はいつでも真ん中の機構として、労働者と企業の問題を解決します。 ・ 労働者の管理  技能実習生を雇用した協同組合は直接に技能実習生を管理します。協同組合のスタッフは毎月技能実習生の生活と仕事を確認するため、働く所まで行きます。 ・ ベトナムに行って、直接に技能実習生の選考試験を行います  技能実習生、研修生を雇用するために、協同組合のスタッフは労働者を面接するようにベトナムに行きます。そのことは、協同組合が外国の労働者に関心するところです。 3.日本企業に協同組合の役割 ・ 企業の検査  日本で協同組合が多く成立されています。各地方で企業に付き合っている協同組合があります。その協同組合は技能実習生のサポットプログラムを行って、同時に企業の検査が定期で行います(日本と外国の労働者は分別しなく、労働者は全員の権利が同じです。 ・ 雇用連絡しますが、選考試験の結果を決まりません  協同組合は日本の技能実習生と実習生に特別な役割があります。日本の企業は技能実習生を雇用するため、地方の協同組合に依頼して、その協同組合に通って、技能実習生を雇用します。  ただし、協同組合は技能実習生の選考結果を決まらないで、決まるのは企業の代表担当者です。また企業によって、協同組合に任して、協同組合が選考します。   例外: ベトナム企業のスタッフは日本に働きに行ったら、技能実習生また研修生と呼ばれないで、さらに協同組合に通らなくてもいいです。  

ベトナム人材株式会社

RANKINGニュース