言語を選択してください。

Vui lòng chọn một ngôn ngữ.

Mangyaring pumili ng isang wika.

NEWSニュース

絞り込み
29件中1~20件を表示
ビルクリニング

2019.3.4

送り出し機関

ビルクリニング

建物衛生インターンを提供することを約束しました。   日本に派遣されたベトナムの建物の衛生研修生のほとんどは、日本の建物の掃除は単に機械と技術を管理することであり、派遣会社は掘削せずに言語を教えることに集中するだけであると考えています。 労働力が企業の仕事需要を満たすことができないような専門的知識の創造。   また、労働のコミュニケーション能力が非常に低いため、企業が最初からやり直すことは非常に困難です。 工場の最大の関心事を把握し理解したベトナム人材株式会社は、ベトナムの5つ星の標準的な日本の顧客であるハノイのサクラの顧客と積極的に協力しています。 ベトナムに来るとき。   研修生は1ヶ月間実生活で訓練され、宿泊費と生活費は完全に会社から提供されます。 ここでは、研修生は日本人の教師によって個人的に訓練され、建物の清掃プロセスを指導するためにトレーナーによって直接管理されています。   研修生は顧客で勉強することができます。   彼らは優秀な専門家ではありませんが、私たちの労働者は間違いなくベトナムの指名された研修生の中で最高の熟練した実習生です。 最高水準の労働力を育成するために、ベトナム人材株式会社職員は定期的に基礎的な日本語と専門的な日本語を練習することを自習した研修生に奨励し奨励しています。             私たちは、生徒がコミュニケーション能力を向上させるために、日本の先生と一緒に多くの課外活動に参加することを促進します。 ベトナム人材株式会社の研修生の80%が4ヶ月の研修を終えた後に日本語のN4以上のレベルに到達するので、彼らはすぐに日本の生活環境に適応し、統合します。 日本の大手顧客マネージャーである森岡佳丸氏は、次のように述べています。「11月には、13名のベトナム人研修生を受け入れました。しかし、基本的な指示の後すぐに仕事を始めることができる、熟練していて建物の清掃が好きなベトナム人医学生は5人しかいません。他社の研修生とは、完全に再訓練しなければならず、非常に時間がかかり、仕事の質に影響を与えます。」 彼はまた、労働の質に加えて、ベトナムの研修生のしつけと深刻さを最も気にかけていました。 そして、彼はベトナム人材株式会社の労働を十分に信じています。なぜなら、会社は労働からの脱出のリスクを防ぐための効果的な対策を持っているからです。  

ベトナム人材株式会社

レストラン

2019.3.4

送り出し機関

レストラン

日本の企業のための人材育成プログラムの中にあります。    - 多くのベトナム人学生が日本で働くという夢をかなえるのを手伝ってください。  - 同時に、日本の企業が「外国人要員の採用」の問題を解決するのを支援する。   1.プログラムの特徴 ワークスキルトレーニング: 学生の育成を目的としたトレーニングプログラム:  - 職場での日本語能力  - 自主的なスキル、目標の作成、職場での自分のモチベーション。  - 日本食レストランの本当の職場環境を体験してください。 日本で長く働きます。 企業は研修プロセスに参加し、採用直後に適切な研修生を直接採用します。したがって、日本のレストランでのインターンシップのプロセスは非常に重要であり、研修生の仕事を続ける能力を決定します。 同時に、当社は日本の飲食店のコンサルティングと紹介を行い、定期的に研修生が学び、応募することを選択するのに適した仕事を紹介します。 コスト削減と最短時間 有給インターンシップ - 経費削減:「インターンシップ」は研修プログラムで重要な年であるだけでなく、ベトナム人研修生が全額を支払うことができるように収入を稼ぐのにも役立ちます。技術的な研修生のプログラムの間に生活活動ともっと稼ぐこと。 技術インターンシッププログラムに参加する際に日本語が上手である必要はありません。 プログラムに参加すると、生徒は以下のようになります。  - 課外活動に参加するためのエキサイティングで不可欠なレッスンで学校で日本語を学びます。                                                  刺激的なレッスンの時間                                                                  課外活動 3.スケジュール、実践場所、および仕事の説明。 労働時間:  -  1日8時間   練習する場所: 全国のレストランで   仕事の説明: - キッチン - 接客 - ホール 4. 検討のための選択と手順のための要求 リクエスト (1)高校卒業 (2)最低限の日本語能力N4 (3)敏捷性、思考、問題解決のスキル。 (4)外国語を学び、日本語を愛する能力 入学手続き ラウンド1:プロフィールを選択する  - 科目:プログラムを申請した申請者  - 目的:履歴書を介して候補者の適合性を評価する ラウンド2:技術研修生を受け入れている企業へのインタビュー  

ベトナム人材株式会社

ベトナム人材株式会社のセンターで教育プログラム

2019.2.26

送り出し機関

ベトナム人材株式会社のセンターで教育プログラム

合格後の実習生方はベトナム人材株式会社の専門学校センターで教育コースに参加され。ここで 実習生は日本語学習以外、その他の発動にも参加できるし。全ての目的によって最も適格な人材を育成するための物ということです。 体力教育  身体活動は重要な訓練プログラムです、実習生の総合的な教育目標の達成に貢献し。実習生の体力教育の重要性の認識していることはベトナム人材株式会社いつも実習生に体力を教育していますと期待するのは日本の仕事にとって実習生方は健康や気分がよくあり。 ベトナム人材株式会社の教育センターでは実習生に独体の健康を練習したり。会社また、目的のために遊び場を創設するもの。実習生のは勇気を持って育まれ、他者に対する寛容や意志を鍛え、決心することも。忍耐力的。辛抱強くと集団精神です。   実習生方は健康のため毎日運動すること。   実習生は体格教育の始めに体を温め始動しています。   会社がよくセミナー再開させて体力を高める以外で実習生に楽しい時間課外活動があります。     会社の運動会 日本語教育 環境に素早く統合することができるように、日本で働く時の新しい人生のは日本語の財団は要素がよいです。日本語学習の重要性を理解することはベトナム人材株式会社が教室の設備に投資されているのは教師方と教育課程も教育の質を向上させる事です。 ベトナム人材株式会社の日本語教育の品質は出力品質についていつも常にコミットメントしています。4、5ヶ月教育後、全実習生は日本語のレベルN5を持って、 6ヶ月になってからN4を持っています。 その隣に、だいたい教師は日本人が日本の教育方法を運用していて実習生が深く学ぶのに役に 立ちます。最も効果的です。   特別な状況により余分なコースがあり、授業を学びやすくなります。と早いです。       センターでは研究生が自習グループを編成する事を常に奨励しています。       研修センターの日本語教師は、独自の日本語教育と教育プログラムを再開しました。 学生に日本語の質を向上させる。   巧拙トレニンーグ 巧拙は一番必要な要旨になって、日本へ仕事をしに来る時実習生が直ぐに仕事に追いつくをお役に立つという事です。熟練を持っている実習生を訓練して.現在技術に接近することが出来るし、大労働組合における技術のは  ベトナム人材株式会社がやっています。 現在ベトナム人材株式会社はハノイに教育センターが。5か所あり。1か所は試験する前に教育するし。4か所は合格後教育します。ベトナム人材株式会社の職業教育センターは担当チーム、経験豊富な教師、専門技巧や施設や現代設備。日本の基準は多くの産業に役立つ。 木工、機械、建設、金属溶接、農業、食品製造,…実習生が熟練した方法で訓練されている場所になります。と専業。 いくつか写真研修センターの職業訓練   溶接   縫製   防護服を着用するガイド   文化訓練、日本人の働く物腰 日本の労働組合にとって文化的要因、儀式はいつも特別な関心事です。それから、 日本語のトレーニング以外、巧拙のスキルと実習生に体格の教育、ベトナム人材株式会社は常に道徳的な 訓練に専念すると儀式、日本に来る時を日常生活における愛想の方です。実習生は最も迅速に 日本人生に統合することが出来ます。ここの人間と文化です。   日本の物腰についてレッスンのは日本語の授業や課外活動などのように組み込まれています   挨拶の練習     ソフトスキルクラス。日本で働く物腰

ベトナム人材株式会社

協同組合は何ですか?

2019.2.22

送り出し機関

協同組合は何ですか?

協同組合は何ですか?   協同組合は何ですか?技能実習生として日本に行くため、必要な知識   実習生は技能実習生のプログラムに参加する前に、申し込んでから、採用者と相談する時に、必ず協同組合について説明しましたが、詳しくまでわからないので、協同組合は何ですかとの質問がよく出てきます。それで、私たちは協同組合について、解析して、また日本での技能実習生に関して、協同組合の責任を調べましょう。   1. 日本の協同組合は何ですか? Wikipediaより:“ 協同組合は貿易、職業、専門に関係ある団体、機構。また同業者の労働活動を含みます。 それで、簡単にいうと、協同組合は日本での技能実習生の労働権利を代表する機構です。 協同組合(あるいは団体組合)は労働者と日本の労働省が成立する機構です。         日本では各企業、各会社が小さいでも大きいでも協同組合に付き合っています。その機構は日本企業が外国の技能実習生を雇用する時の役割が大切です。  ということは個人また企業が外国の技能実習生を雇用したければ、協同組合に通らないといけないです。日本の企業が外国の技能実習生を雇用する時、地方協同組合を依頼して、その協同組合に付き合ってから、雇用します。  そのため、協同組合は日本に労働輸出に対して、なければならないものです。日本に労働輸出は日本の協同組合が派遣会社として、日本の企業に労働者を雇用します。 2. 技能実習生に協同組合の役割       連絡して、技能実習生を雇用する    技能実習生を雇用したい日本の企業は地方の協同組合に連絡して、その協同組合に通って、雇用します。協同組合と企業は相談して、必要な条件を決まって、ベトナムの派遣会社に連絡します。 技能実習生は企業に行って、働けるため、全員が協同組合に通らなければなりません。 ベトナムの企業の社員は労働者として、来日したら、技能実習生と呼ばないで、協同組合に通らなくても良いです。 ・ 労働者の権利を守る  協同組合の主役割は労働者の権利を守ることです。協同組合は毎月技能実習生に会って、企業について、技能実習生の意見を受けます。もし問題があったら、協同組合が問題解決するように、2面と相談します。協同組合はいつでも真ん中の機構として、労働者と企業の問題を解決します。 ・ 労働者の管理  技能実習生を雇用した協同組合は直接に技能実習生を管理します。協同組合のスタッフは毎月技能実習生の生活と仕事を確認するため、働く所まで行きます。 ・ ベトナムに行って、直接に技能実習生の選考試験を行います  技能実習生、研修生を雇用するために、協同組合のスタッフは労働者を面接するようにベトナムに行きます。そのことは、協同組合が外国の労働者に関心するところです。 3.日本企業に協同組合の役割 ・ 企業の検査  日本で協同組合が多く成立されています。各地方で企業に付き合っている協同組合があります。その協同組合は技能実習生のサポットプログラムを行って、同時に企業の検査が定期で行います(日本と外国の労働者は分別しなく、労働者は全員の権利が同じです。 ・ 雇用連絡しますが、選考試験の結果を決まりません  協同組合は日本の技能実習生と実習生に特別な役割があります。日本の企業は技能実習生を雇用するため、地方の協同組合に依頼して、その協同組合に通って、技能実習生を雇用します。  ただし、協同組合は技能実習生の選考結果を決まらないで、決まるのは企業の代表担当者です。また企業によって、協同組合に任して、協同組合が選考します。   例外: ベトナム企業のスタッフは日本に働きに行ったら、技能実習生また研修生と呼ばれないで、さらに協同組合に通らなくてもいいです。  

ベトナム人材株式会社

企業

2019.2.22

送り出し機関

企業

ベトナム人材株式会社は日系企業の一番選考  労働者を募集、派遣する実績が出てきて、 ベトナム人材株式会社は日系企業の一番選考と自信を持っています。 日系企業に発生している問題 日系企業は労働者が多く不足して、技能実習生を受け入れたことがありますが、多くの問題が出てきました: 技能実習生の質が良くない、労働可能が低い 日本語が下手、健康、年齢は合わない 毎月管理費が高すぎる 仕事を辞めて、失踪する人が多い 技能実習生が入国してから、よくサポートをもらえなくて、技能実習生が発生した問題に解決できない 簡単に貴社は技能実習生を受け入れたいけれど、受け入れる手続きがわからない      そんな問題に関しては、ベトナム人材株式会社はいつでもプロで、速くサポートすることができます。日系企業に満足に良いサービスを提供する、以下のを含む:    受け入れる手続きを詳しく説明させ、電話でもメールでもできます。  OTITが完成される職業に技能実習生の受け入れる手続きをサポートします。  職種の技術者(巧拙が高い労働者):建設、機械、IT、食品、農業...   ベトナム人材株式会社で申請書類の準備が速くて、プロでやります    ベトナム人材株式会社は日系企業の一番の選考になる自由    私たちはお客様の位置にして、お客様の希望によく対応できるように、弊社のサービスは最も良く、豊富にシステムを作ります。ベトナム人材株式会社は日系企業の一番選考になる理由は以下のことに:  スタッフがプロで:お客様にいつでも対応できるように、営業スタッフと駐在スタッフが大勢います。問題が発生する場合はすぐに対応できます。それで、問題解決しやすいし、企業に迷惑をかけないように、慎重に働きます。  技能実習生の質がいつもトップの一番:スタッフの質が上がることとともに、ベトナム人材株式会社は技能実習生をきちんと教育します。長年に派遣分野を経験して、企業の希望と心配が良くわかっています。教育質が上がるため、訓練教育センター、大学等に付き合って、日系企業の依頼されることにいつでも対応できます。 ベトナム人材株式会社の教育質はいつもトップの一番    労働戦争犠牲者省が許可された:ベトナム人材株式会社は外国に労働者を派遣する許可をいただきました。地方と国内の役所から信じられて、申請する時に、通りやすくて、申請書類は速く処理されて頂きます。技能実習生は出国するため、日本語能力の要求だけではなく、訓練教育センターで学習と練習が勤勉にやらなければなりません。  労働戦争犠牲者省が許可された:ベトナム人材株式会社は外国に労働者を派遣する許可をいただきました。地方と国内の役所から信じられて、申請する時に、通りやすくて、申請書類は速く処理されて頂きます。技能実習生は出国するため、日本語能力の要求だけではなく、訓練教育センターで学習と練習が勤勉にやらなければなりません。 ベトナム人材株式会社と日系企業の付き合い手続き:  以上の条件は理解され、不明点がなくなって、満足なら、ベトナム人材株式会社に付き合ってください。ベトナム人材株式会社に付き合って、優秀な技能実習生を雇用したければ、以下の手続きをしましょう:   1.  基本の情報残して、あるいは弊社にご連絡、問い合わせしてください。 2.  企業の基本情報、依頼されることを受け取ったら、弊社のスタッフは直接に連絡し、またメール、電話で相談できます。 3.  ベトナム人材株式会社と協同組合は企業のかわりに、技能実習生の受け入れるための申請手続きを全部サポートします。 注意:もし企業は技能実習生の受け入れる人数が多かったら、弊社は企業の代表者をベトナムに招待して、受け入れます。 4.  企業は技能実習生の面接の15-30日前に依頼されて、それから、ベトナム人材株式会社は応募者を選考します。 5.  企業の代表者と協同組合はベトナムに来て、ベトナム人材株式会社の事務所、また訓練教育センターで選考試験を行います。     企業の代表者と協同組合は技能実習生を選考に来る     優秀な技能実習生を選考されたら、日本に入国する前に、4-6ヶ月で日本語と日本での生活、仕事等を教育されます。    更に技能実習生が入国してから、企業に入る前に、ベトナム人材株式会社に付き合っている協同組合で日本の習慣、仕事に速くなれるように、教育されます。    技能実習生は契約の期間で何があったら、企業はいつでもご相談、問い合わせできます。毎月ベトナム人材株式会社のスタッフは企業を訪問して、技能実習生の生活、仕事を渡来します。    日本に技能実習生を雇用するための手続きはご不明な点等がありましたら、弊社にご連絡させてください。諮問、サポートを速く頂ければ、このホットラインを:+84(098)227 2098

ベトナム人材株式会社

ベトナムー日本

2019.2.20

送り出し機関

ベトナムー日本

ベトナム - 日本はより効率的で現実的な新しい開発段階を始めました  投稿日:2019年02月20日 6月2日の午後、Tran Dai Quang大統領と彼の妻およびベトナム人上級代表がハノイに到着し、5月29日から2月2日までの州レベルの日本訪問を終えた。 2018年6月6日、日本の王と女王の招待で。   この機会にルホアイ外務副大臣が記者会見の結果についてインタビューを行いました。ベトナムピクトリアルはインタビューの内容を紹介したいと思います。  今回のトラン・ダイクァン大統領と彼の妻による訪日の意義、そして今回のベトナム人上級代表団の意義を教えてください。 ル・ホアイ・外務副大臣:トラン・ダイ・クアン大統領とその妻の招待を受け、29日からベトナムの代表団が訪日しました。 / 5-2 / 6/2018。 これはトラン・ダイクアン大統領による日本への初の来日です。両国が外交45周年を祝うために多くの活動を行っている機会に訪れました。   2018年5月29日の午後、Tran Dai Quang大統領と彼の妻およびベトナムの上級代表者 東京へ、州レベルの日本訪問を始めましょう。   2018年5月29日午後のトラン・ダイクァン大統領訪問 群馬県を訪問して働く。 写真の中では:トランダイクアン大統領とベトナム高等代表団が写真を撮った 群馬県知事、群馬県関係者の大澤正明氏と                                    コガネイ精機カンパニーとベトナム人労働者の指導者であるトラン・ダイクアン大統領。 ベトナム - 日本間の深い戦略的パートナーシップは、政治的信頼性の高いすべての分野で、強く、そして実質的に発展しています。日本は主要パートナーであり、政府開発援助(ODA)の最大の提供者であり、2番目に大きい投資家であり、3番目で商用旅行パートナーはベトナムで4番目にランクされています。 この訪問は充実した活動プログラムで大成功を収めていると言えます。国王、女王、王室、日本政府は、大統領、婦人、ベトナムの上位代表団に特別な感謝の意を表明しました。国家元首のための最高の儀式で、丁重に、暖かくそして暖かく歓迎してください。 王と王妃が歓迎された式典、建国記念日、見物と特別の式典、日本などの前例のない特別な儀式の委任のために大統領と妻に4回会った45年にわたるベトナムと日本の外交関係を祝うアフターパーティー。                           2018年5月30日の朝、トラン・ダイクアン大統領と彼の妻の公式歓迎式が日本の州を訪問しました                         東京の王宮の主要オフィス。 日本のアキヒト王と皇后両陛下がウェルカムセレモニーを統括します。                                       日本のアキヒト王と女王は、Tran Dai Quang大統領と彼の妻を歓迎する式典を主催しました。   Tran Dai Quang大統領と彼の妻は、Akihito王と王妃と会いました。   Tran Dai Quang大統領は日本経済連合のいくつかの大企業に会い、会議を開催しました (経団連)、日本商工会議所、日本ビジネスオーナー協会(道友会)、日本貿易協会(貿易協会)     トラン・ダイクァン大統領は、上院日中中央会長と会談しました。     2018年5月30日の夜、東京で、日本のアキヒト王と王宮を統括していた皇后両陛下は、 トラン・ダイカン大統領、彼の妻とベトナムの上級代表を募集しました。   訪問中、トラン・ダイクァン大統領は、日本の安倍晋三首相と会談し、日越共同声明を発表し、報道陣に語った。衆議院議長、上院議員などの日本の指導者との会談。与党連合会長、明明、共産党会長、民主党書記長など、日本の政治指導者との会談 権力の自由と日越友好議会連合会長日本経済連合会長(経団連)、日本商工会議所(JCCI)、国際協力機構(JICA)、貿易振興機構などの日本経済との対話エディション(JETRO)、日本企業経営者協会、日本貿易協会。 日本のメディアは大統領の訪問について厳粛に報告します:  - 日本の放送・放送会社NHKは、5月29日から6月2日にかけて、ベトナム大統領のトラン・ダイクアンが初めて来日しました。  - 一方、東京新聞には「トランダイクァン大統領が小金井工場を訪問した」と題した記事があり、トランコイ大統領が小金井精機株式会社の工場を訪問し、人々と心から語った。ベトナムのメ​​ンバーは工場で働いています。両国700社以上の企業の参加を得て、投資促進会議に出席し、講演する。群馬県を訪れ、コガネセキ社の高精度エンジン製造工場を訪れましょう。 ベトナムと日本の外交関係を樹立して45年を迎えるレセプションパーティーに出席する。日本のベトナム人コミュニティやベトナム大使館のスタッフと交流しましょう。 トラン・ダイクアン大統領と安倍首相、そして日本の指導者たちとの会談は非常に上手く行われ、特に両首脳は共同宣言を発表し、政府の主要な方向性を確立した。新発展期の両国。双方は、環境、建設及び訓練の分野における2つの省庁間の4つの協力文書及び両国の事業と地域間の17の投資許可証及び協力文書に署名し、交換した。 、航空、小売、農業、情報技術、エネルギー、裾野産業の分野では、約20億ドルに相当します。 特に、レセプションパーティーは、王、女王、そして何百人もの日本人ゲストの参加を得て、これまで2大国間の外交関係の設立45周年を正式に祝いました。多くの大臣、政党の指導者、50以上の国会議員、地元の指導者、組織、大規模な経済団体、そして友情団体があります。  - 今回の訪問で素晴らしい結果を教えてください。 外相副首相Le Hoai Trung: 第一に、訪問は高い政治的信頼を強化するのを助け、王立、政府、国会そして日本の政治経済界との密接な関係を強めた。上で述べた特別および特別懇談会のほかに、会談では、アキヒト王、安倍首相、国会議員、そして日本の政治経済界がすべてです。ベトナムは、ベトナムの持続可能な開発のために協力する用意ができている、地域に対する日本の政策における重要なパートナーであることを確認する。安倍首相は、両国に「しっかりと手をつないで」、すべての分野で関係を深めるために協力し合うよう求めた。   第二に、両国首脳は戦略的パートナーシップに参加して新たな開発段階に入り、上級指導者間の定期的な連絡を維持することに合意した。 2017年を振り返ると、5回のハイレベルの訪問がありました。これは、日本の王と女王がベトナムに初めて訪れた歴史的に重要な訪問です。安倍晋三首相は2回ベトナムを訪問した。日本の衆議院議長がベトナムを訪問。 Nguyen Xuan Phuc首相が日本を公式訪問しました。この訪問中、双方はまた、与党と両国の国民議会との間の協力と交流を促進することで合意した。防衛安全保障と海上安全保障の協力を強化する。防衛設備と技術における協力を促進する。 日本は、海上での法執行能力の向上、救助および救助、平和の維持、および地雷およびERW処理による戦争の影響の克服のためのベトナム政府の継続的な支援を確認した。ベトナムのダイオキシンや地雷の被害者を支援します。 他の分野では、双方は、人的資源開発、科学技術、環境、健康、教育、文化および地域協力に関する多くの特定の内容における協力を促進することに合意した。罪に関する相互法的支援協定および判決を受けた者の譲渡に関する協定についての交渉を開始することを確認した。 日本は、ベトナムが行政改革を支援すると述べた。職業訓練能力を向上させるために160億円(約1億5000万米ドル)のODA開発援助を提供すると発表。人々の交流を促進することを確認し、ベトナムの質の高いインターンと労働を受け続ける。                      2018年5月31日の朝、東京で、Tran Dai Quang大統領は、                    日本の共産党党の志井和夫大統領と会談しました。             2018年5月31日朝、東京でトラン・ダイクァン大統領は山口夏生公党の会長を迎えました。     トランダイクァン大統領は、安倍晋三首相と会談しました。      Tran Dai Quang大統領と安倍晋三首相は、人材育成奨学金プログラムのための745百万円の提供に 関するベトナム社会主義共和国政府と日本政府との間のメモ交換を目撃した。 2018年の国防総省と 国土交通省のための国土交通省の覚書、気象、情報の分野における覚書 地理学。   トラン・ダイアン大統領と安倍晋三首相は、建設における協力について、ベトナム建設省と 国土交通省との間の協力協定の調印式を目撃した。 そして都市開発。   会談の結果を発表するTran Dai Quang大統領と安倍晋三首相の記者会見.   2018年5月31日午後、東京でトラン・クアン大統領は、日本貿易振興機構(JETRO) の会長である石重裕之氏に会いました。   2018年5月31日の午後、東京で、Tran Dai Quang大統領がベトナム投資促進会議に出席し、講演しました。 写真中:ベトナムと日本の地元企業間の協力プロジェクトに関する投資証明書および覚書の授与式   2018年1月6日の朝、東京でトラン・ダイクァン大統領は日本の大島忠盛大統領と会談した。   2018年6月1日の午後、東京で、トラン・ダイアン大統領と彼の妻、そして日本のアキヒト王と 皇后両陛下は、ベトナム - 日本外交関係の創立45周年を迎えました。   2018年6月1日、東京で、トラン・ダイクアン大統領が国際協力機構 (JICA)の北岡慎一会長を務めました。   2018年6月2日の朝、日本のアキヒト王と女王はトラン・ ダイクアン大統領と彼の妻とベトナムの上級代表団に会いに行きました。   第三に、双方は、経済的連携を調整し、両国間の経済協力メカニズムの効率を改善し続けることで合意した。 2020年には2014年と比較して倍増することを目標に貿易と投資の関係を促進し、利益を確保し、双方のニーズと一致することに基づいて開発援助の有効性を実施する。 日本の生鮮オレンジとベトナムの織物およびラベルが互いの市場に参入するのに有利な条件を作り出すこと。 日本はベトナムの改革と改革プロセスの成果を高く評価しています。 競争力の向上、労働生産性の向上、人材の育成、質の高いインフラの開発を通じて、ベトナムの持続的成長を支援することを確認した。 コミュニケーションは多くの分野での日ベトナムの協力を強調しています。  - ベトナムと日本は、日経新聞の主な内容および記事のタイトルとして、包括的パートナーシップおよび環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)を拡大することに合意した。  -  NHKテレビは、南シナ海の状況に関する相互懸念の文脈で、日本とベトナムは、南シナ海における平和と安定を促進することの重要性についての認識を共有した。外交努力によって非武装化。 投資促進会議や日本の主要経済団体との会談で、日本の経済界は政治的安定、社会経済的状況、投資環境および人的資源に感謝しました。ベトナム軍ベトナムはASEAN諸国の間で魅力的な投資先であることを確認する。経済協力において、ベトナムは日本の信頼できる有望なパートナーであると考える。ベトナムに投資している日本企業の70%は、自社の事業規模を拡大し、長期的な事業を行い、国営企業の公平化、インフラ建設の分野への投資を促進したい、と述べた。エネルギー、ハイテク農業、ビルオートメーション社会における協力。 第四に、双方は、特にベトナムがその役割を果たすとき、地域及び世界における平和、協力及び開発のための地域的及び国際的フォーラムにおいて緊密に調整し、互いに支援することを確認した。 2018年8月からの日ASEAN関係コーディネーター。貿易自由化の促進、近い将来包括的パートナーシップ及び環太平洋パートナーシップ(CPTPP)効果の促進の重要性と協力を強調する。朝鮮半島における平和、安定、非増殖のための努力を支持することで合意した。両国の指導者たちは、2020年から2021年の期間を待つためにベトナム、国連安全保障理事会の非常任理事国になるためにお互いを支援することを発表し、日本は2023年から2024年の期間を実行する。 日本は、この地域におけるベトナムの役割を高く評価し、南シナ海問題に関するベトナムの立場に対する支持を支持した。双方は、平和、安全、安全、航行と航空の自由、自制心、非軍事化、宗教的慣行による海上紛争の平和的解決を維持することの重要性を強調した。 1982年の国連海洋法条約(UNCLOS)を含む国際法を遵守し、法的および外交的プロセスを完全に尊重し、行動規範の宣言全体を完全かつ効果的に実施する。南シナ海(DOC)の上で、間もなく有効で法的拘束力のある南シナ海の行動規範(COC)を完成させる。 このような州レベルの訪日中にトラン・ダイクァン大統領が実際的な内容を達成したことで、2018年が新たな効果的な発展の始まりであると私は信じています。ベトナムと日本の深い戦略的パートナーシップのさらなる本質。     実施:ベトナム絵文字/ VNA      

ベトナム人材株式会社

要員の募集

2019.2.20

送り出し機関

要員の募集

ベトナムの大手繊維・衣料工業地帯からの高品質衣料人材の採用  掲載日:2019年02月20日 研修生を日本に派遣するほとんどの企業は、今では非常に単純な基準で衣服労働者を採用しています。女性労働者は、仕事について何も知らなくても縫製についての基本的な知識しか必要ありません。 衣服も短期間で採用され訓練されるので、労働の質は一般的に非常に低いです。国内の衣服労働者の流通特性を理解して、ベトナム人材株式会社は高品質の衣服マンパワーの選択の最前線にいます。 私達の会社のスタッフは絶えず工業地帯の衣服の労働者の実用的な調査を行い、縫う技術の点でおよび約の点では最も良質の労働企業のリストを作ります 産業分野で働き、仕事の柔軟性と新技術を吸収する能力、そして熟練労働者の選択に向けた持続的な仕事。 現在、ベトナム人材株式会社はベトナムの50以上の大手衣料企業と協力しています。 MTV縫製 有限株式会社 HAI DUONG 2 縫製株式会社 HUNG YEN 株式会社 PHO NOI 縫製株式会社 縫製10 株式会社 DONG XUAN 縫製株式会社 縫製株式会社 NAM DINH 縫製株式会社 SAI GON VINA 縫製株式会社 LIEN PHUONG 縫製株式会社 多くの企業は35歳までの衣服労働者を採用していますが、ベトナム人材株式会社は30歳以上の労働者の受け入れを制限しています。 Pho Noi繊維衣料インフラ合資会社は、HUNG YEN県 YEN MY市 繊維衣料工業地帯に属します - ベトナム繊維衣料グループの最大規模の施設の1つです。 東京都愛知県や徳島市の衣料品工場には、優秀な若年労働者が数多く選ばれています。                                                                       Pho Noi織物および衣服インフラ開発合資会社の熟練労働者チーム   企業の利益を確保するための最大の原則として、社員全員が正式な労働契約を結ぶ前に、日本語の聞き取りと理解のレベルで厳格な審査を受けなければなりません。   優れたコミュニケーション能力を持つベトナム人材株式会社のガーメントインターンシップは、常に職場環境や日本の生活と迅速に統合されています。したがって、100%の企業は、事業規模を拡大したり契約を解除したりしても、引き続き選択した繊維労働に戻ります。   ベトナム人材株式会社の労働を選択しなければ、企業にとって大きな損失となります。あなたがベトナム人材株式会社の評判の良い会社と仕事をするときの利点についてもっと知るためにこの時に我々に電話をしてください。

ベトナム人材株式会社

営業

2019.2.20

送り出し機関

営業

ベトナム人材株式会社は、ハノイ工科大学の情報通信技術研究所と協力して、ベトナム人の日本人ITエンジニアを養成します。  掲載日:2019年2月20日 ベトナムのITエンジニアの品質は、彼らのスキルに関して日本の工場から高く評価されていますが、エンジニアの100%はコミュニケーションが非常に乏しく、日本の工場長が仕事を交換することは困難です。 。 ベトナム人材株式会社は、当初からベトナム人エンジニアのより高いレベルの日本語コミュニケーション能力に対する企業の欲求を理解しています。BachKhoa大学の情報通信技術研究所と協力しました。 ハノイ学部(ベトナムで最も権威のある大学)は、ベトナム人の日本人チームを訓練しています。   一流のベトナム人教授と教授によるトレーニングプログラムは、現代の実践環境における日本のITSS ITデザインコンサルタントに基づいて直接教えます。ベトナムと日本の間でソフトウェアプロジェクトを開発するために、ブリッジエンジニアリング人材(BridgeSE)が優先されます。スキルの習得プロセスと並行して、生徒は日本語と勉強する日本語を4年間ネイティブの先生と一緒に勉強するように強化されます。 特に会津大学との交換留学(1学期)と文化交流(10日間)は、日本の環境、職業習慣について熟知し、能力を向上させるのに役立ちます。 コミュニケーション。     会津大学での交換のためにハノイ科学技術大学と共同でMDベトナムと調整した最初の ベトナム人 - 日本人ITエンジニアコース 熟練した実践的なスキルを訓練するために、3年生からベトナムの日本のIT企業での直接インターンシップと4年目から教員との科学的研究を行うことを紹介します。 卒業生は日本語で上手にコミュニケーションをとることができ、すぐに日本企業で働くために採用されます。 これはベトナム人材株式会社のIT人材育成の典型的なプログラムの1つにすぎません。 企業の緊急のニーズを満たすために、常に優秀な人材を豊富に確保しています。

ベトナム人材株式会社

労働市場

2019.2.19

送り出し機関

労働市場

なぜ企業は常にベトナム人材株式会社の農業インターンを選ぶのですか? 掲載日:2019年2月19日 ベトナムには現在、200人以上の企業が日本に農業インターンを派遣していますが、ベトナム人材株式会社はまだ何千もの企業の協力と信頼を通してそのブランドと地位を確認しています。 どこ?  第一に、ベトナム人材株式会社の農業部門への労働投入源は他の大多数の会社よりも優れているということを明確に述べなければならない。 他の企業がインターンを選ぶ方法は、応募者が履歴書を提出するか、または労働の源を得るために助言を求めるのを待っている事務所に座ることですが、インターンを派遣する会社のレベルでは 第1に、「労働地域」に直接質の高い人的資源を見つけることはそれぞれ適切な対象を選択することです。   ベトナム人材の幹部が北海道企業の温室で訪問して温室を選択し Hoai Long Agricultural and Trade Cooperativeに参加。 例えば、ベトナム人材株式会社は各農業協同組合に直接働きかけて、温室栽培に最も適した労働源を選択します。 第二に、ベトナム人材株式会社に加えて、農業実習生のための集中的な技術訓練に焦点を当てた会社はありません。   インターンを日本に連れてくる分野での長年の経験により、他の誰よりも、労働において最も必要なのはスキルレベルであることを我々は理解しています。 企業の満足は、ベトナム人材株式会社が生き残り発展するのを助けるという意味です。 そのため、各分野、各注文について、従業員が仕事をできるように、また受領後も非常にうまくいくように、インターンを訓練する計画を立てました。 熟練した豚の繁殖訓練生を提供することを約束。 ベトナム最大の乳牛労働力を供給するためにブランドを確認。 ベトナム人材株式会社はLam DongのThanh Nghia協同組合と協力して、トマト研修生のための実践的な研修を実施しています。   実習生は温室でメロンを植えることで直接訪問し、経験を学びました。  第三に、研修生のコミュニケーション能力は他の派遣会社よりはるかに高いです。   100%の研修生が仕事中にコミュニケーションをとるために、私たちは多くの措置を講じます。   理解しやすく、覚える能力を刺激する内容で、特定の専門的なカリキュラムの構築に投資する。 生徒を元気づけることができる優秀な教師を選ぶ。 N4レベル以上の研修生には優先的な方針があります。 労働契約終了後の日本のN3研修生の雇用を支援するという公約。 ベトナム人日本語クラスは常に学生のための興奮を生み出します 会社は研修生が企業と無知であることを隠したり、なめたりしません。 基本的なコミュニケーションレベルに達していない場合は、研修生は別の人に置き換えられ、次の注文を待ち続けます。   第四に、会社は労働者を受け入れた後に企業を支援するための多くの方針を持っています。   ベトナム人材株式会社は、最後の最後まで労働契約の実施中に研修生と企業に同行し、両当事者にとって最大の利益を確保するためのサポートポリシーを提供します。  研修生を工場まで送ってもらう会社幹部がいました 企業が必要とする場合、通訳者は最長1ヶ月をサポート 研修生が労働問題を発行した場合、日本の居住者役員が直接支援します。   第五に、「逃げるためにノーと言う」。 率直に言って、ベトナム人研修生は日本に仕事をしに行った後に最も頻繁に創設された対象であるため、ほとんどの企業は彼らを受け入れることを恐れています。 最初からこの問題を徹底的に解決することによって、ベトナム人材株式会社は100%のパートナーが私たちが提供する労働に信頼することを確信しました。 我々はそれをどのようにしますか? 最初から候補者を選別し、仕事を愛する人だけを受け入れ、長期的なキャリア志向を持つ 法定教育「逃亡は違法」および企業罰 「逃げることは自己とベトナムの人々の名誉を黒くすること」との考えの教育 研修生は自発的に「逃げないこと」に署名しました これまで、ベトナム人材株式会社は日本企業と組合の信頼できるパートナーであることを誇りに思っています。

ベトナム人材株式会社

労働市場

2019.2.19

送り出し機関

労働市場

企業に利用できる良質の半自動溶接銀行が常にあります 掲載日:2019年2月19日 ほとんどの日本の溶接会社は半自動溶接訓練生の採用に苦労しています。 この問題の原因は、ベトナム人の若者が溶接作業に興味を持っていないことです。なぜなら、この職業の特徴は、多くの場合、困難で有毒であり、社会的に重要ではないからです。 国内の溶接作業も限られています。 ほとんどの溶接作業員は採用情報に連絡することができず、多くの会社は訓練を受けて労働者の採用を開始する命令を待つので、インターンの質は公開されている間は非常に低いです。 これは常に高い経験を必要とします。 これは、研修生がひどく仕事をするために日本へ行き、オリエンテーション、真面目さ、仕事の途中で簡単に任せることができず、企業に損失をもたらすことにつながります。 企業が直面している困難を理解して、ベトナム人材株式会社は、すべてのパートナーを満足させるために最高のサービスを提供したいという願いをもって、高品質の半自動溶接訓練銀行を設立しました。 エンタープライズ。   当社の市場担当者は、熟練労働者を積極的に特定してアプローチし、国内市場での仕事よりも3〜5倍高い所得水準で日本市場で働くようにしています。 労働契約の終了後、ベトナムで事業を行っている日本企業のキャリア開発の機会。  プログラムに参加することに同意し、健康に適格である候補者は、企業の命令がさらに手で訓練されるときに会社の言語教育センターで1〜2ヶ月間日本語で訓練されます。 日本のパートナーの要請に応じて、プロとプロの日本語。   ベトナム人材株式会社の研修生が愛知県で半自動注文を検討中   合格後、研修生はベトナム人材株式会社の弁護士と一緒に「逃げないという約束」に署名し、工場に送られた後でも彼らが起こらないようにします。 ベトナム人材株式会は、選抜から最適な解雇、厳格な法的地位まで、すべての日本企業の主要パートナーであると確信しています。

ベトナム人材株式会社