Specified Skilled Workers

特定技能外国人
Specified Skilled Workers

特定技能とは

特定技能は、すでに相当程度以上の知識又は技能を持っていることが前提です。
特定技能1号の外国人は、技能検定3級相当以上の技能を有し、かつ、日本語能力試験N4以上の能力を有する「即戦力」が求められます。

この特定技能制度の目的は、生産性向上や国内人材確保の取り組みを最大限行ってもなお人手不足が深刻な産業分野のための人手不足解消なので、その目的が技能実習とは大きく異なります。

特定技能の受入れ可能職種(14業種)

 ● 介護
 ● ビルクリーニング
 ● 素形材産業
 ● 産業機械製造業
 ● 電気・電子情報関連産業
 ● 建設
 ● 造船・舶用工業
 ● 自動車整備
 ● 航空
 ● 宿泊
 ● 農業
 ● 漁業
 ● 飲食料品製造業
 ● 外食業

受入れ可能職種に関する詳細はこちら

特定技能外国人受入れに伴う支援について

特定技能外国人を採用する際、特定技能所属機関(受入れ企業)は、 特定技能外国人の職場、日常生活、社会上の支援をしなければなりません。
特定技能外国人の支援には、専門的な知識も求められます。
特定技能所属機関自身で、支援計画を実施するのが難しい場合、登録支援機関に委託することができます。

登録支援機関に関する詳細はこちら

INFORMATIONインフォメーション

  • ■名称

    外国人材受入れについて
  • ■住所

    福島県郡山市朝日二丁目1番5号 丸久ビル207
TOPに戻る