フィリピンは8月から外国人の入国を許可するようになります

2020.07.20
フィリピンでは、2020年3月からコロナ感染を防ぐために外国人の入国を拒否していましたが、フィリピン入国管理局は来月の8月1日から外国人の入国を許可するそうです。

しかし、外国人観光客は対象ではなく、フィリピンの長期ビザを保有している人のみが対象です。

長期保有ビザとは、フィリピンで生活して仕事を行っている人のことを指すそうです。

現時点では、新規でのビザ申請は受け入れられず、既にビザを取得している人のみが対象になります。

また、ソーシャルディスタンスを保つために一定の距離を空けるため、空港の受け入れ人数にも制限ができそうです。

海外で働いているフィリピン人がフィリピンに戻ってくるのを外国人よりも優先するため、どの程度の外国人がフィリピンに入れるかはわかりません。

2020年7月20日時点では、フィリピンのコロナ感染者は69,898人、死亡者数は1,835人です。

感染者と死亡者数は、東南アジアではインドネシアに次ぐ第2位です。

 
TOPに戻る