ベトナム人の転職

2023.02.21
みなさまこんにちは。

今日取り上げるのは、外国人材紹介事業をしていると、避けては通れない、ベトナム人の転職問題です。
私がこれまで支援してきたベトナム人に、転職を考えるきっかけを聞いた結果、理由は「給与」・「キャリア」・「人間関係」がほとんどです。
働く上で、ベトナムの方が大事に考える部分と言えます。
よく考えたら、理由は日本人と変わらないですね...

では、なぜベトナム人の転職が問題なのかです。
私たちは様々な企業案件を対応していますが、中にはベトナム人の方NG!なんて相談も見かけるようになりました。
もちろん、国籍を制限して求人することはできません。
しかし、外国人を雇用する企業の立場を考えると、そうも言ってられない事情があります。

一番の問題は、受入費用負担があるということです。(人材紹介事業者を通して日本人を雇用した場合もかかるケースはあります)
これは普通にハローワークなどの紹介で日本人を雇用するのとは話が違います。

外国人材を1人雇うのにどれくらい費用がかかるかわかりますか?
人材紹介料、在留資格の申請料、場合によってはアパートの契約料など約40万~100万円かかります。
1年で転職されてしまうと大きな損失となるため、長く働いてもらえる人材を求めると、転職の多いベトナム人雇用に二の足を踏むのも理解できます。

ベトナム人は、中国に次いで在留カード及び特別永住者証明書上に表記された国籍では2番目に多い状況です。
(詳しくはこちら→令和4年6月末現在における在留外国人数について
そのため、転職情報が多く、ベトナム人ブローカーの存在もよく聞く話です。
Facebookでも、本当に労働局の許可を取っているのか疑わしい求人を目にするようになりました。
登録支援機関でもFacebookの名前を偽装して本人が特定されないようにして募集している人達を多く見かけるのです。

外国人雇用となると、人材紹介事業者は、怪しい会社なのではないか...と疑われることもあります。
どんなに真剣に日々外国人たちのサポートをしていても、怪しまれることはありますが、私たちは誤解の無いように、丁寧にわからないことや不安なことに向き合って、新しい雇用枠として外国人雇用が考えられるような手助けをしたいと思っています。

少し話はそれましたが、ベトナム人を採用すると、転職のリスクは高いと言えます。
ですが、皆より良い環境で、自分の能力を発揮し、評価してほしいという思いは、ある意味前向きで行動力のある証拠でもあります。
日本人、ベトナム人、外国人...
国籍は関係なく、情報があふれ転職しやすい時代になったことで、そこで働く理由「給与」・「キャリア」・「人間関係」にメリットを感じないと、続けられないということでもありますね。





 
TEL:024-983-7107

CALENDERカレンダー

  • 2024年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

CATEGORYカテゴリ

NEWニュース

TOPに戻る