最近日本の労働輸出は良い環境で働け

2019.03.11
最近日本の労働輸出は良い環境で働けて、収入も高くて、キャリアアップチャンスが多いですから、労働者が関心し、選定することが増えています。現在日本の労働輸出に参加する人数が速く増えて、台湾の労働輸出だけの下です。
 
 日本の企業は投資推し進めることと、ベトナム労働者を雇用することが増えていますが、日本の労働輸出の選考試験に合格するため、労働者は厳しい選考試験に受けなければなりません。また、日本に入国するため、労働者は費用財政を準備しなければならなくて、日本語も4ヶ月で学習しないといけないです。
 
 日本の労働輸出は技能実習生を選考する時、普段技能実習生を1人受け入れたら、日本の企業はベトナム相手を技能実習生の2-4人依頼します。もしその仕事の選考試験に申し込む人数が多ければ、選考試験の選考率も高くなります。ということは:

- お金持ちでも、技能実習生として、日本に行けることではない。
- 選考試験に合格したら、日本に行けることが早くなる。
- 早く教育センターに申し込んだら、合格率が高い。
- 早く教育センターに申し込んだら、チャンスが多い。
 
 
日本企業が技能実習生の面接
 
日本の労働輸出に参加するため、必要の知識:

 労働者の見方、選考方は日本の企業によって、違います。また仕事の内容によって、選考基準も違います。しかし、日本の企業は労働者を選考するポイントは:

+ 作風、体格、態度

 労働者を受け入れるかどうかはこのポイントが一番大切です。雇用主は労働者の作風、体格と行為の通りに判断します。面接する時、労働者はどんな人か正確にわからなくて、逆に労働者は自分の志望も完全に伝えません。

+ 日本語が得意

 雇用主は日本語が得意な実習生に興味があります。実習生が本当に日本で働きたいのか、日本語の学習方と受け取り方に通って、判断します。そんなことはなぜか初めて会っても実習生を選考されませんが、後で雇用主から信じされる。

+ 格好

格好は仕事に合って、格好がいい、ちょうど良ければ、職業にほとんど受けるチャンスが多いです。以外はまた格別あって、例えば:
体が強い人は大変で、力強くて、建設の足場と型枠の職種に合います。
てきばりで、器用な人は食品、電子、手紙、包装、印刷等の作製工場の職種に合います。

+ 学歴と資格

 学歴と資格は大切にする企業が多いです。学歴と資格は職業に関係なくても、選考試験に出る実習生は専門と大学等しか選考しません。雇用主はその人間が日本語の学習が良くて、日本の文化に慣れやすくて、作業効率が高いと思っています。
 
 逆にある企業は資格を持っている労働者が雇用位置に不適合と思っています。例えば農業と建設の職業。その人間は上司のことを聞かなくて、仕事に集中力が低いと思っています。
 
決定権は労働者次第に
 
 最も速く日系企業に契約するため、労働者は自分の能力、所長を自己評価のが必要です。それから、自分のことに合う職業で、企業の雇用要件に合って、応募します。全部の基準は練習ができるし、学習もできます。自分のことを自分が変わったら、労働輸出プログラムに合格しやすくなります。

 労働者は労働輸出に参加するため、全員が企業と直接に面接しなければなりません。それで、大勢の労働者は面接する時、緊張して、褪せます。さらに、いる労働者は緊張で何も言えなかったです。落ち着いて、緊張しないで、自信持って、面接すれば、合格率が高くなります。
TOPに戻る