ビルクリニング

2019.03.04

建物衛生インターンを提供することを約束しました。

 
日本に派遣されたベトナムの建物の衛生研修生のほとんどは、日本の建物の掃除は単に機械と技術を管理することであり、派遣会社は掘削せずに言語を教えることに集中するだけであると考えています。 労働力が企業の仕事需要を満たすことができないような専門的知識の創造。

 
また、労働のコミュニケーション能力が非常に低いため、企業が最初からやり直すことは非常に困難です。 工場の最大の関心事を把握し理解したベトナム人材株式会社は、ベトナムの5つ星の標準的な日本の顧客であるハノイのサクラの顧客と積極的に協力しています。 ベトナムに来るとき。
 
研修生は1ヶ月間実生活で訓練され、宿泊費と生活費は完全に会社から提供されます。 ここでは、研修生は日本人の教師によって個人的に訓練され、建物の清掃プロセスを指導するためにトレーナーによって直接管理されています。


 
研修生は顧客で勉強することができます。
 
彼らは優秀な専門家ではありませんが、私たちの労働者は間違いなくベトナムの指名された研修生の中で最高の熟練した実習生です。
最高水準の労働力を育成するために、ベトナム人材株式会社職員は定期的に基礎的な日本語と専門的な日本語を練習することを自習した研修生に奨励し奨励しています。

           

私たちは、生徒がコミュニケーション能力を向上させるために、日本の先生と一緒に多くの課外活動に参加することを促進します。 ベトナム人材株式会社の研修生の80%が4ヶ月の研修を終えた後に日本語のN4以上のレベルに到達するので、彼らはすぐに日本の生活環境に適応し、統合します。
日本の大手顧客マネージャーである森岡佳丸氏は、次のように述べています。「11月には、13名のベトナム人研修生を受け入れました。しかし、基本的な指示の後すぐに仕事を始めることができる、熟練していて建物の清掃が好きなベトナム人医学生は5人しかいません。他社の研修生とは、完全に再訓練しなければならず、非常に時間がかかり、仕事の質に影響を与えます。」


彼はまた、労働の質に加えて、ベトナムの研修生のしつけと深刻さを最も気にかけていました。 そして、彼はベトナム人材株式会社の労働を十分に信じています。なぜなら、会社は労働からの脱出のリスクを防ぐための効果的な対策を持っているからです。



 
TOPに戻る