ベトナム人材株式会社のセンターで教育プログラム

2019.02.26
合格後の実習生方はベトナム人材株式会社の専門学校センターで教育コースに参加され。ここで
実習生は日本語学習以外、その他の発動にも参加できるし。全ての目的によって最も適格な人材を育成するための物ということです。

体力教育 
身体活動は重要な訓練プログラムです、実習生の総合的な教育目標の達成に貢献し。実習生の体力教育の重要性の認識していることはベトナム人材株式会社いつも実習生に体力を教育していますと期待するのは日本の仕事にとって実習生方は健康や気分がよくあり。

ベトナム人材株式会社の教育センターでは実習生に独体の健康を練習したり。会社また、目的のために遊び場を創設するもの。実習生のは勇気を持って育まれ、他者に対する寛容や意志を鍛え、決心することも。忍耐力的。辛抱強くと集団精神です。

 


実習生方は健康のため毎日運動すること。
 

実習生は体格教育の始めに体を温め始動しています。
 


会社がよくセミナー再開させて体力を高める以外で実習生に楽しい時間課外活動があります。
 

 


会社の運動会
日本語教育

環境に素早く統合することができるように、日本で働く時の新しい人生のは日本語の財団は要素がよいです。日本語学習の重要性を理解することはベトナム人材株式会社が教室の設備に投資されているのは教師方と教育課程も教育の質を向上させる事です。

ベトナム人材開株式会社の日本語教育の品質は出力品質についていつも常にコミットメントしています。4、5ヶ月教育後、全実習生は日本語のレベルN5を持って、 6ヶ月になってからN4を持っています。

その隣に、だいたい教師は日本人が日本の教育方法を運用していて実習生が深く学ぶのに役に
立ちます。最も効果的です。

 


特別な状況により余分なコースがあり、授業を学びやすくなります。と早いです。
 

 
 
センターでは研究生が自習グループを編成する事を常に奨励しています。
 
 
 
研修センターの日本語教師は、独自の日本語教育と教育プログラムを再開しました。
学生に日本語の質を向上させる。
 
巧拙トレニンーグ

巧拙は一番必要な要旨になって、日本へ仕事をしに来る時実習生が直ぐに仕事に追いつくをお役に立つという事です。熟練を持っている実習生を訓練して.現在技術に接近することが出来るし、大労働組合における技術のは  ベトナム人材株式会社がやっています。

現在ベトナム人材株式会社はハノイに教育センターが。5か所あり。1か所は試験する前に教育するし。4か所は合格後教育します。ベトナム人材株式会社の職業教育センターは担当チーム、経験豊富な教師、専門技巧や施設や現代設備。日本の基準は多くの産業に役立つ。

木工、機械、建設、金属溶接、農業、食品製造,…実習生が熟練した方法で訓練されている場所になります。と専業。

いくつか写真研修センターの職業訓練

 


溶接
 


縫製
 


防護服を着用するガイド
 
文化訓練、日本人の働く物腰

日本の労働組合にとって文化的要因、儀式はいつも特別な関心事です。それから、
日本語のトレーニング以外、巧拙のスキルと実習生に体格の教育、ベトナム人材株式会社は常に道徳的な
訓練に専念すると儀式、日本に来る時を日常生活における愛想の方です。実習生は最も迅速に
日本人生に統合することが出来ます。ここの人間と文化です。
 
日本の物腰についてレッスンのは日本語の授業や課外活動などのように組み込まれています

 

挨拶の練習
 
 
ソフトスキルクラス。日本で働く物腰
TOPに戻る