協同組合は何ですか?

2019.02.22

協同組合は何ですか?

 
協同組合は何ですか?技能実習生として日本に行くため、必要な知識
 
実習生は技能実習生のプログラムに参加する前に、申し込んでから、採用者と相談する時に、必ず協同組合について説明しましたが、詳しくまでわからないので、協同組合は何ですかとの質問がよく出てきます。それで、私たちは協同組合について、解析して、また日本での技能実習生に関して、協同組合の責任を調べましょう。
 

1. 日本の協同組合は何ですか?

Wikipediaより:“ 協同組合は貿易、職業、専門に関係ある団体、機構。また同業者の労働活動を含みます。
それで、簡単にいうと、協同組合は日本での技能実習生の労働権利を代表する機構です。
協同組合(あるいは団体組合)は労働者と日本の労働省が成立する機構です。

 
 
 
  日本では各企業、各会社が小さいでも大きいでも協同組合に付き合っています。その機構は日本企業が外国の技能実習生を雇用する時の役割が大切です。

 ということは個人また企業が外国の技能実習生を雇用したければ、協同組合に通らないといけないです。日本の企業が外国の技能実習生を雇用する時、地方協同組合を依頼して、その協同組合に付き合ってから、雇用します。

 そのため、協同組合は日本に労働輸出に対して、なければならないものです。日本に労働輸出は日本の協同組合が派遣会社として、日本の企業に労働者を雇用します。


2. 技能実習生に協同組合の役割

 
 
 
連絡して、技能実習生を雇用する
 
 技能実習生を雇用したい日本の企業は地方の協同組合に連絡して、その協同組合に通って、雇用します。協同組合と企業は相談して、必要な条件を決まって、ベトナムの派遣会社に連絡します。

技能実習生は企業に行って、働けるため、全員が協同組合に通らなければなりません。

ベトナムの企業の社員は労働者として、来日したら、技能実習生と呼ばないで、協同組合に通らなくても良いです。

・ 
労働者の権利を守る

 協同組合の主役割は労働者の権利を守ることです。協同組合は毎月技能実習生に会って、企業について、技能実習生の意見を受けます。もし問題があったら、協同組合が問題解決するように、2面と相談します。協同組合はいつでも真ん中の機構として、労働者と企業の問題を解決します。

・ 労働者の管理

 技能実習生を雇用した協同組合は直接に技能実習生を管理します。協同組合のスタッフは毎月技能実習生の生活と仕事を確認するため、働く所まで行きます。

・ ベトナムに行って、直接に技能実習生の選考試験を行います

 技能実習生、研修生を雇用するために、協同組合のスタッフは労働者を面接するようにベトナムに行きます。そのことは、協同組合が外国の労働者に関心するところです。

3.日本企業に協同組合の役割

・ 企業の検査

 日本で協同組合が多く成立されています。各地方で企業に付き合っている協同組合があります。その協同組合は技能実習生のサポットプログラムを行って、同時に企業の検査が定期で行います(日本と外国の労働者は分別しなく、労働者は全員の権利が同じです。

・ 雇用連絡しますが、選考試験の結果を決まりません

 協同組合は日本の技能実習生と実習生に特別な役割があります。日本の企業は技能実習生を雇用するため、地方の協同組合に依頼して、その協同組合に通って、技能実習生を雇用します。

 ただし、協同組合は技能実習生の選考結果を決まらないで、決まるのは企業の代表担当者です。また企業によって、協同組合に任して、協同組合が選考します。

 

例外:

ベトナム企業のスタッフは日本に働きに行ったら、技能実習生また研修生と呼ばれないで、さらに協同組合に通らなくてもいいです。

 
TOPに戻る