営業

2019.02.20

ベトナム人材株式会社は、ハノイ工科大学の情報通信技術研究所と協力して、ベトナム人の日本人ITエンジニアを養成します。

 掲載日:2019年2月20日
ベトナムのITエンジニアの品質は、彼らのスキルに関して日本の工場から高く評価されていますが、エンジニアの100%はコミュニケーションが非常に乏しく、日本の工場長が仕事を交換することは困難です。 。 ベトナム人材株式会社は、当初からベトナム人エンジニアのより高いレベルの日本語コミュニケーション能力に対する企業の欲求を理解しています。BachKhoa大学の情報通信技術研究所と協力しました。 ハノイ学部(ベトナムで最も権威のある大学)は、ベトナム人の日本人チームを訓練しています。
 
一流のベトナム人教授と教授によるトレーニングプログラムは、現代の実践環境における日本のITSS ITデザインコンサルタントに基づいて直接教えます。ベトナムと日本の間でソフトウェアプロジェクトを開発するために、ブリッジエンジニアリング人材(BridgeSE)が優先されます。スキルの習得プロセスと並行して、生徒は日本語と勉強する日本語を4年間ネイティブの先生と一緒に勉強するように強化されます。
特に会津大学との交換留学(1学期)と文化交流(10日間)は、日本の環境、職業習慣について熟知し、能力を向上させるのに役立ちます。 コミュニケーション。
 
 
会津大学での交換のためにハノイ科学技術大学と共同でベトナムと調整した最初の
ベトナム人 - 日本人ITエンジニアコース

熟練した実践的なスキルを訓練するために、3年生からベトナムの日本のIT企業での直接インターンシップと4年目から教員との科学的研究を行うことを紹介します。 卒業生は日本語で上手にコミュニケーションをとることができ、すぐに日本企業で働くために採用されます。
これはベトナム人材株式会社のIT人材育成の典型的なプログラムの1つにすぎません。 企業の緊急のニーズを満たすために、常に優秀な人材を豊富に確保しています。
TOPに戻る