Culture

文化

ベトナム旧正月
テト(ベトナム語で旧正月をテト(Tết)とかテト・グエン・ダン(Tết Nguyên đán)という)は、ベトナムを含めアジアで旧暦が存在している国にある祝祭日である。ベトナム語で元旦は昔ベトナムが使っていた字喃(チュノム)に由来し、元は始まるという意味で、旦は夜あけという意味である。新年の開始が始まるという意味のテトは、年間を通じてベトナム人にとって最も重要な祝祭日である。


 

ベトナムと日本間の愛情
1619年、阮福源(グェン・フック・グェン)孝文皇帝の娘であるゴック・ホア姫は荒木宗太郎日本人商人と結婚した。彼はホイアン旧市街で貿易を営む商人であった。そこからベトナムと日本両国間の友好関係は発展した。


 

ターコン(Ta Con)遺跡
ターコン飛行場跡はクアンチー省-フオンホア郡-タンホップ町にあり、ベトナム人の国家統一についての希望の証しである。


 

ハノイの散歩通りにおける「欧州村」プログラム
欧州連盟派遣団、各国家の大使館により開催される「2018年のベトナムにおける欧州日」プログラムに属する「欧州村」プログラムはハノイに、行われ、面白い文化場所を作る。

 
 

ベトナム文化
※今年の1月の『あけおめ2015』(日本文化の紹介のお祭り)正体不明のコスプレ集団。身長は皆150cm近辺。笑顔が眩しい。
TEL:(+84)98-227-2098

INFORMATIONインフォメーション

TOPに戻る