埼玉県主催の外国人介護人材の受け入れに関する情報交換会に出席

2019.02.01
先日の新聞記事に掲載されていましたが、遂に外国人労働者が派遣社員数を超えたそうです。今後、特定技能も始まれば更に増加するかと思います。最近、このサイトを通して介護施設を経営されている方からの相談が増えてきており、1月は何名か雇用が決まりました。介護の人手不足は深刻で求人を出してもほとんど応募が来ず、採用しても1年以内に8割は退職してしまうそうです。これからはその問題も徐々に改善されていくかと思います。



さて、先週は大阪でネパールの送り出し機関の方と打ち合わせをし、春にはぐるっとAsiaでご紹介出来そうです。
その後は介護施設等を40施設以上経営されているウェルグループの会長、社長と面会し貴重な情報交換が出来ました。

本日は、埼玉県主催の外国人介護人材の受け入れに関する情報交換会に出席しています。埼玉県内では介護の技能実習生はまだ11人しかいないようです。新しい在留資格である特定技能や技能実習制度についての説明会が始まりました。



 
TOPに戻る