技能等の適正な修得、習熟又は熟達のために整備され、かつ、技能実習生が技能実習に専念できるようにその保護を図る体制が確立さ... [facebook]

2022.01.14
技能等の適正な修得、習熟又は熟達のために整備され、かつ、技能実習生が技能実習に専念できるようにその保
護を図る体制が確立された環境で行うことを目的とするのが技能実習制度ですが、特定技能制度は一定の専門
性や技術がある即戦力の外国人材を受入れることを目的としています。
現在外国人受入れの在留資格はさまざまありますが、中でも技能実習は特定技能への移行が可能な在留資格で
もあり、ビルクリーニング分野の受入機関のヒアリング調査の結果でも多くの企業が比較の対象として挙げて
います。
技能実習(団体監理型)と特定技能(1号)の制度比較

外国人の採用にご興味がございましたら、是非ご連絡ください。
リンク元: facebook
※本ニュースはRSSにより自動配信されています。
本文が上手く表示されなかったり途中で切れてしまう場合はリンク元を参照してください。
TEL:03-6420-3042

CALENDERカレンダー

  • 2022年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

CATEGORYカテゴリ

NEWニュース

TOPに戻る